« サイエンスショー 『ふしぎ!ドライアイス』 | トップページ | 『長野高専出前教室 色が変わるLEDイルミネーションスタンドを作ろう』開催しました »

2014年8月 3日 (日)

『ファミリーお天気教室』、『可視光通信実験教室』 開催しました

8月2日は午前と午後で二つの教室を開催しました。

◆ファミリーお天気教室

P1090869

天気図って?気圧って何?大気が不安定?などの身近なお天気について学ぶ教室は、ノートを取ったり、写真を撮ったりと、みなさん大変熱心でした。

P1090870

虹の再現実験。このあと虹の中に入ったりしました。

P1090874

夕焼けの再現実験。水槽に水を入れ、横から懐中電灯で照らします。

そこへ、空気中の塵に見立てた牛乳を入れると…。

P1090875

懐中電灯の明かりが赤くなり、夕日のよう。

P1090881

竜巻が発生する原理を学び、実験装置で実演しました。

◆可視光通信実験教室

今年2月に打ち上げられた信州大学の実験衛星「ぎんれい」に搭載された、可視光通信システム。この可視光通信について、信州大学工学部の半田先生と2名の先生方にやさしく解説して頂きました。

P1090887

可視光通信とは。

P1090894

実演の様子。

P1090897

その後は実際に発信機と受信機を作ってみました。

P1090899_2

組立て後はラジオにつないで音が伝わっているか、ドキドキのテストです。

参加されたみなさん全員が実験に成功して終了しました。

先生方、ありがとうございました。

« サイエンスショー 『ふしぎ!ドライアイス』 | トップページ | 『長野高専出前教室 色が変わるLEDイルミネーションスタンドを作ろう』開催しました »

イベント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。